ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【うちの双子】5歳3ヶ月

兄106.0cm、16.2kg

弟105.8cm、16.0kg

【最近の状況】

トイレは自分で行ってもらうようにしています。

うんちは自分で拭く練習をしています。

着替えは自分でします。

脱いだ服を裏から表にしてたたむのも自分でです。

手伝って欲しかったら『手伝って』と言葉で伝えられるように。

夕食後にひらがなとさんすうのワークをしています。

土日休みで、自転車の練習をしています。

こんなところかな?

ちなみにまだお昼寝はしていますよー!

年長だからやめさせなきゃ!って思いますが

二人は寝て(脳を休ませて)
幼稚園での情報整理をしているようなので
まださせます。

f:id:kana2twins:20170627195736p:plain

時計を描いたようです(弟)

好きなものは上手い(笑)

今日は先生に何回怒られたとか、

幼稚園で何をしたのかとか、

だいぶお話してくれるようになりました(*´∀`)

【うちの双子】地下鉄博物館

http://www.chikahaku.jp/

f:id:kana2twins:20170622155544j:plain

先週土曜日、
地下鉄博物館へ行ってきました(*´∀`)

地下鉄博物館(ちかはく)へ行くのは3回目。

1回目は2歳、

2回目は3歳で行っています。

この時は車で行きました。

ただ、今回は『電車に乗りたい』ということで、

まぁ年長になったので…

1時間ちょっと、

我慢できるかなーと

電車に乗って行ってきました。

兄は途中で飽きてしまっていましたが、

弟は座りもせずに電車内のドア入り口間際の手すりにつかまり
『外を見る‼』と動こうとしませんでした。

ちかはくでは今回初めてスタンプラリーをしました。

以前は走り回るだけでそんな余裕はなし(笑)

そう考えると成長しましたね。

地下鉄の運転体験もしましたよ。

f:id:kana2twins:20170622222537p:plain

なかには小学生以上の子しか体験できないのもあって…

それはまた…そのうちね(;´∀`)

【つぶやき】アメーバのこと

アメブロからこのブログに来た方へのつぶやきです。

最近アメーバのブログをスマホから読めていません。

ブラウザがすぐ強制的に落ちてしまうからです…

自分の趣味で始めたブログやコミュニティを放ったらかしにしてしまって情けないですΣ(ノд<)

携帯と2台持ちなのでたまに携帯からはインしていますが
仲良い方のブログにいいねがつけられないのと、コミュニティに参加できないのがとても心苦しいです(つд;*)

アプリにしても固まって動かないし…

うちのスマホ
アメーバとの相性悪すぎです(´・ω・`)

本当になんとかならないのかね……

それともパソコン立ち上げてもう一回アカウント作り直すかしら…

Twitterもいいけれど若い人のタイムラインについていけなくて疲れるんだよね(;´∀`)←

フェイスブックも苦手…(;´∀`)←

しばらくはラインとはてなブログでのんびりやっています。

【療育】作業療法・普通級か支援級か その2

前回のあらすじ
http://kana2twins.hatenablog.com/entry/2017/06/16/231303
双子たちは『視覚優位』ではなく『聴覚優位』でした。

『触覚防衛反応』が出ているというのは
いわゆる
『発達の遅れ』か『アンバランス』か
うちの双子は『アンバランス』型。
べらべらしゃべるのに意味がわかっていない、
人の気持ちがわからない、
空気が読めない、
場にそぐわない発言をしてしまう『からまわり』…
という非常に残念な感じです。

そこで
『視覚』方面はボディイメージを確立させるために
タッチングほか
背中に文字や数字を書いて何か当ててもらったりなど身体の使い方の感覚を研ぎ澄ませること。

『聴覚』方面では
言葉のレベルと考える力をあげるために
『なぞなぞ』や『しりとり』が有効とのこと。
そこでおすすめされたのはこちら↓

なぞなぞようちえん
http://nazo-nazo.eigonurie.com/

先生がいうには3才レベルのなぞなぞで、
答えを暗記してしまったら意味がない、
自分で考える力をつけるための第一歩とのことです。

4歳には
『れいぞうこの中に隠れている動物は?』
(答・ぞう)
『クリスマスの中に隠れている動物は?』
(答・りす)
などの言葉遊びができる脳になってくれば、

5歳には
『パンはパンでも食べられないパンは?』
(答・フライパン)
『目玉が3つ、足がひとつの機械は?』
(答・信号)
のなぞなぞが、『定型発達ならば』わかってくるそうで。

『自分で考えて聞いた言葉をイメージして答えを導きだす』
定型発達の子たちはこれができてからの小学校入学…
逆にこれができなかったら小学校の授業を受けて
も『先生の言っていることの意味がわからない』
ことに繋がってしまう。

本人たちは記憶に頼って生きているので、
場数を踏めばそれなりにはできるけど
このままいけば大人になった時に
『冗談がわからない』
『素直に言葉を受け取ってしまう』
『だまされやすい』そんな感じになりそうです。

いますよね、冗談がわからない人。
悪口じゃないです。
わからなくてただただ気の毒だなぁと。

言葉でイメージすることができないなんて
寂しい…
どんな世界なのか検討がつきません。

先生は考える力をつけろって言うけど
本人たちには『特性を利用して』記憶にものを言わせて、ひたすら場数を踏むほうが地味に確実なのかも知れません。

というわけで
これからひたすら毎日なぞなぞとワークをすることにします。
ただやるのみ。

ちなみに、
10月に就学前検診があると書きましたが
それは『パスするだろうね』と木村先生。

だからたぶん普通にはわからないレベル。
ちょっとした違和感。

ワークもあんまり糧にはならないと言われていますし。
ブロックパズルなどの『手順が必要なもの』
おはじきなど『実際にその場にあって触れるもの』
のほうが効果的と先生は言うので
そのうちに少しづつ集めて実践していきたいです。

ただ、情報やアドバイスはよく吟味して、
自分の子に向いている方法で提供したいので客観的な視点でも考えていきたいです。

【療育】作業療法・普通級か支援級か

先日、木村先生の作業療法でした。

一番に言われたのが、
『触覚防衛改善してないやん!!』
でした(´д`|||)

だって、
タッチングは嫌がるからたまにしかできてないし。
耳垢が取れるようになってきたからいいかなー
と思っていたくらいで。
過敏だって本人たちなりのペースで克服していってくれてると思っていますよ(言い訳)!

療育だって月に1回じゃ効果ないよって言われましたがそれも知ってる(;´∀`)
先生のプリントに週に1回より少ないのは焼け石に水と書いてあったしね。

でもね、
幼稚園優先で行かせているのにだってわけがある。

療育は小さい子たちが多いから、
威張ったり意地悪をしたりすること、
図に乗ってしまうこと、
これがあるからあまり行かせたくない。

先生はハードルを下げたほうがいいって言うけど
そんなに心折れるような子たちじゃない。
(今現在の話ですよ)
まだレベルの高い子たちと一緒にいて
少しでも成長のおすそわけをもらえたら
そっちのほうが絶対にいい!

というわけです(笑)


先生に言われたことをまとめてみます。

記憶力が良いだけでべらべらしゃべるけど
自分で考える力が3才半レベルと言われ…
…うーん、納得できました(笑)
同じ学年の他の子に比べて何か幼いのです…

そしてびっくりしましたが
双子たち、なんと『聴覚優位』らしいのです。

例としては
『他人の話を聞いて覚えて自分もしゃべる』
『歌を覚えて自分で歌う』など。
超当てはまっちゃいますね。

反対に視覚優位の、
『手先を上手く使ってあそぶ』
『他人の真似をするのが得意』
『公園の遊具を使って上手に遊ぶ』

などは苦手なのです。

(逆にママは視覚優位かも(笑)だってどれもまあまあ得意)

うーん
聴覚優先…
これってちょっとアスペルガーっぽいぞ?

さらには
コミュニケーションが上手くとれない
人の気持ちがわからない
こだわりが強い
マイルールが決まっている
ルーティーンを乱されたりイレギュラーに弱い

全部あてはまるやーん!!

特に兄ですかね。

ま、弟はどちらかというと
ADHDっぽいけど(;´∀`)

発達検査(新版K式)の結果はまやかしで、
高く出てしまっているだけとのこと。

しかしながら本人たちの性格上、
支援学級だと図に乗るし、
普通級だと厳しいし、
って感じで
通級かなーって。

うちの小学校は
支援学級は固定で、普通級とは運動会や遠足の時だけ交流があるみたい。

通級という普通級で苦手な授業だけサポートクラスに呼ばれるというのがあって
それをすすめられました。

まぁ先生に言われたのはアドバイスとして受け取ります。

実際に子供のことをよくわかっているのは親です。

アドバイスや情報をよく吟味して加工し、
自分の子供に合ったものを提供するとします。

他にも先生から言われたり勧められたものがありますので、
そちらもそのうち記事にできたらなーと思います。

【うちの双子】アデノウィルス その3

以前の記事はこち

【うちの双子】アデノウィルス
http://kana2twins.hatenablog.com/entry/2017/06/08/000000_1

【うちの双子】アデノウィルスその2
http://kana2twins.hatenablog.com/entry/2017/06/09/000000

そろそろ土曜日からの看病にも疲れてきた
水曜日、木曜日……
(´д`|||)

二人は午前中は元気なので

家にいても暴れまわる始末…

近くのスーパーへ買い出しへ行ったり

お庭で自転車の練習をしたり。

無理をせず発散できたらなーと。

しかし降ってくるよね、雨が…

梅雨入りとかもう(´・ω・`)

というわけで、

双子たちは結局家で遊びます。

ワーワーギャーギャーうるさーい(`Д´≡`Д´)??

一軒家でよかった。


兄は木曜日にはもうほとんど元気で、

熱も下がって金曜日からは幼稚園へ行けそうな雰囲気。

弟は午前中は元気だけど、

ご飯の食べが悪くて熱はまだまだ。

金曜日にやっと良くなってきたかなーといった感じでした。

それでも土日を挟むから月曜日には大丈夫だよねーってことで

金曜日に治癒証明をもらいに行くことに。

前回のよりも待たされずに呼ばれ、

お口アーンと、心音を聞いてもらって終了。

弟の目やにと鼻水の薬も念のためにいただきました
(*´ω`*)

病院の帰りに幼稚園へ寄って

治癒証明を出して『月曜日から行きます』

と言ってマックとたい焼きを買ってこの日は終了…

ではありませんでした(笑)

町の言語療法が3時過ぎから(しかもウィスク(発達検査)の途中だった(´・ω・`))……

病み上がりの双子たち

ベストコンディションじゃないから大丈夫かしらー?

と。

まあまぁ頑張ってはいましたが、

やはり弟が今一つではありましたね。


またこの話『【療育】2017年6月』は今度にします(;´∀`)

アデノウィルス、
今度はパパとママがうつらないといいな(;´∀`)

【療育】教育委員会へ・普通級か支援級か

ブログの話が前後してしまってすみません。

6月に入ってすぐのことでした。

役場へ行く用事があったので

教育委員会へ面会の予約をしに行ってきました。

そうしたら

ちょうど担当の方がいらしたみたいで

なんと、

すぐに面接となりましたΣ(゜Д゜)

職員さんには『あらかじめ電話をいただけますか』

と迷惑そうに言われてしまった(|| ゜Д゜)

いやいやいや!!

だから予約しに行っただけなのよー!!!!(心の叫び)


発達検査の結果のコピーを持ち合わせていて良かった~

担当さんは数年前まで小学校に勤めていたベテラン先生でした。

結果からいうと、

『10月にある就学前検診の時に問題があったら連絡して、詳しい検査などをします』

とのことでした。

小学校の支援体制は私自身が子供の頃(もう30年以上は前のこと)とは全然違います。

支援学校→
支援学級→
通級→
普通級で様子見、担任の先生が声かけなどの支援→…

といった感じです。

支援体制のプリントをもらってくればもっと詳しく書けましたが

いただいてくるのを忘れていました(|| ゜Д゜)

うちの子たちは通級か、

普通級で様子見、担任の先生から声かけの支援をしてもらえたら…

ってところでしょうか。

通級だと1週間に1~7回ほど抜き出しでの別授業があるようです。

それは個別に応じてのようです。

一応聞いたのは

『通級に通うことでのいじめはありますか?』

ってこと。

先生は『今までひとつもありません』

とのことですが…(;´∀`)

その辺は……ねぇ?

水面下でいろいろとありそうで(´д`|||)


ただ、

やっぱり言われたのは

『普通級にこだわらなくてもいいのでは?』

ということでした。

また、

子供や親が望むなら支援はいつでもしていただけるそうです。

どうなるやら。

とりあえずは10月の就学前検診の結果次第でしょうか。


参考までに…以前の記事です

【心理相談・普通級か支援級か】
http://kana2twins.hatenablog.com/entry/2017/02/05/000000

【個人面談(年長)】
http://kana2twins.hatenablog.com/entry/2017/05/19/000000