ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【療育】2017年10、11、12月

就学問題ほかいろいろあったので
療育のことをちゃんと書き留めておくことができていませんでした。

というわけでまとめて書いてみます。

現在は療育は言語療法のみ、月に2回です。

10月は就学前検診や親子遠足と重なったりしたので言語療法はお休みとなりました。

なので、11月と12月の様子をかいつまんで…


まずは支援センターのほう。

『質問に対して少ない言葉で適切な返事をできるように』

の練習をしています。

べらべらしゃべっているけど
質問に全く答えられていないことが多い双子たち。

とくに兄は話が脱線しがち。

先生から『今、それは聞いていない』

と言われることが多いです。

さすが空回りくん…

『自転車とバイクの違いは?』

という質問になかなか答えられず。

『自転車はペダルを漕いで進む、バイクはエンジンで動く』

といった簡潔な答えで良いのですが、

やはりべらべらべらべら関係ないことを言ってました。

弟のほうは『バスと電車はどう違う?』

の質問で

『電車は電気で動く、バスはエンジンで動く』

と答えられていました。

さすが電車オタクなだけはあります(苦笑)


次に町の言語療法のほう。

正方形の碁盤のような板を使って
輪ゴムを通して図形を作るちょっとしたパズルのようなものをやっています。

やっているのは比較的簡単めなもの。

これは苦手の底上げといった感じでしょうか。

今は1人あたり20分前後の持ち時間なので
(本当ならひとり45分。それを半分にしてやっています)

4月から小学生になってひとり45分にしてもらえる予定。

先生は
『苦手と得意を組み合わせて退屈しないようなスケジュールでやりましょう』
とおっしゃっています。

45分も持つかな?

あとは弟がいつだか滑り台から落ちてしまい

その日にちょうど言語療法があって

出来が良かったことが印象深いです。

ショックなことがあると何らかの回路が繋がるのでしょうか?

苦手の底上げとして

ソーシャルスキル

『やりもらい』

を重点的にやっています。

こちらの先生は時間にルーズなところがありますが

決して叱らずに根気よく付き合ってくれて

最後には誉めてくれるので

双子たちもだんだんと信頼関係が築けている…

と思いたいです(;゜∀゜)

【双子成長記録】5歳9ヶ月

f:id:kana2twins:20171231105801p:plain

兄、109.7cm18.6kg

弟、109.7cm17.8kg

あと少しで110cm!

惜しい!!


冬休みに入って

毎日のようにお出かけをしたり

自転車の練習をしたり。

風邪もひいて調子が悪かったり…


双子たち、お昼寝はほとんどしなくなりました。

そのかわり8時には寝ます。

だんだん体力がついてきたかなーと。


最近はswitchでマリオカートを毎日のようにやっています。

下手くそでNPCの難易度が弱いのに最下位とか…

まぁ本人たちが楽しめているからいいかな。

【幼稚園】個人面談(年長2)

12月になって急遽面談がありました。


最近の幼稚園での様子&

情緒級に向けてどのような配慮をしたらよいか
など

詳しく聞かせていただきました。


箇条書きにすると


集団生活にはなんとかついていけている。

こだわりがあるのでたまに遅れることもある。

制作やお絵かきは指示を聞き逃すことが多い。

(手元にある道具で自分の好きなように始めてしまうことがあるため。)

補助の先生が付くが、二人だけではなく他の苦手な子にもついている感じ。

ひらがなやお勉強系(自分たちが得意なもの)は集中してやっている、
指示も聞ける。

二人がちょっかいをかけあって軽いケンカになることもある。

基本は二人で遊んでいるが、
たまにお友達とも遊べる。

お友達とは貸し借りや鬼ごっこ(ケイドロ)もできるようになった。

トイレに行きたがらない。
1人で行くのもたくさんの子供たちと行くのも嫌なよう。

補助の先生が近くにいると、甘えたり話をしつこくしようとする。

こんな感じですかね…


トイレのことはまた記事にしようかと思いますが少しだけ。

二人とも暗くて人気のないトイレが怖いみたいです。
(極度の怖がり)

かと言って人がたくさん居すぎるのもダメみたい。

もう小学生になるのに1人でトイレに行けないって…

もちろん

家のトイレも外のトイレも1人でできるんです。

ただ怖いだけ…

この辺のところをなんとかしたいですね…


話を戻しまして

結局

先生とは30分以上も話してしまいました。

持ち時間は1人15分です。

うちは二人なので30分。

他の子のママさんたちはひとり15分なので

『話すことがないから困るー』

みたいなことを言っていますが

うちはいくら話しても話足りないというのが現状(笑)

話すことがないのっていいな…

【つぶやき】冬休み突入!!…だがしかし

…いつの間にか年があけていました。

冬休みってなんでこんなに忙しいんでしょうか。

世の中のママさんたち大変ですねー

うちは
クリスマス頃から兄→
年明け、お正月と弟→
の順に風邪をひいて

(その間ママはずっと鼻水とお腹が気持ち悪かったというね)

弟に至っては
大晦日に嘔吐&風呂にも入れず
お正月パパの実家へもいけず
ママと二人でお留守番。

美味しいご飯も食べられずでした(苦笑)

かわいそうだったねー

さらに兄がおしっこをするとおちんちんが痛いって…

ネットで調べたら泌尿器科?小児科?

まぁ当然
お正月だから休みだよねー

旦那と相談して
手元にあったゲンタシンを塗りました。

病院の薬があってよかった。



年が明けてしまえば早いという冬休みですが

まだありますね。

子供たちに自転車の練習やお勉強、縄跳びをやらせたかったのに…
何一つできませんでした。

…ひとつ良かったのは
パパに買ってもらったswitchで
マリオカートをして一緒に遊べたことかな!

あと1週間弱、元気に過ごせるといいなぁー

【つぶやき】ポンコツ…

12月に入ってから半ばほどに

子供たちの鼻風邪がうつりました。

早く寝るようにしているのにね。

毎回毎回うつってしまう。

免疫力0なんでしょうねぇ…(´・ω・`)


就学問題も落ち着いて

疲れが出た?

生理も変だし

頭痛も続いて…

もうちょっと元気になりたい(;゜∀゜)

こんなんじゃ小学校あがってから働けない…


こんな自分もポンコツですが

最近家電がヘタれていて調子が悪かったのです…
(´;ω;`)

洗濯機と電子レンジ。


どちらも壊れたら困る( ; ゜Д゜)


電子レンジは買い換えました。

洗濯機は乾燥機のほうが全くダメになってしまったので

修理をお願いしましたが

部品がなくて部品をお取り寄せしてからの修理となりました。

なので依頼してから10日以上は経っていた…

なんかもう家電とは相性悪くて不良品ばっかり。


やっと落ち着いたーと思ったら

今度はトースターのヒューズが切れてしまったみたいで

パンが焼けなくなりました(涙)

予想外……

なので
電子レンジを買い換えてから1週間も経たないうちにトースターを購入。

どうせなら一緒に買っちゃえば良かったのに!
って話です…


機械はポンコツなら買い換えできますが

人間買い換えがききませんからね。

ポンコツなりに動かしていくしかないですね
(´д`|||)

【幼稚園】発表会(年長)

先日、幼稚園でお遊戯会がありました。

年少、年中、年長とそれぞれのクラスで劇をやります。

年長の劇は40分。

さらにそのあとにピアニカと歌の発表。

ふたりとも出来るのかなーと心配していました。


劇では、

そわそわ落ち着きがなかったけど

セリフは言えていました。

(後々先生から聞いた話によると、
セリフは他の子のも含めて全部覚えていたみたい)

緊張しすぎてセリフを言えていない子もいて。

顔が真っ赤になってしまっていたり

かわいそう…

がんばれー!

って応援したくなりましたが

うちの子たちはその逆で(苦笑)

セリフはちゃんと言えるんだけど

そわそわもじもじして楽しくなっちゃう感じです…


ピカニカは、

補助の先生もついていなくて

ピカニカを持つ手がふらふらしていたけど

なんとか出来ていました。

(先生によると練習ではそこそこできていたみたいです。
おうちで練習しましたか?と言われましたが練習はしていません。)


最後の歌は、

舞台の段々の上の端のほうで

二人ともむすっとしていました。

なかなか歌わずにそっぽを向いたり。

兄は腕をずっと気にしていて。

どうしたのかなーと思って

後から聞いたら

舞台の幕が開く前に段々から落ちたみたいで…

大きな音の正体はこれだった…

弟が兄を押して兄が落ちたみたいです。

劇とピカニカの発表が終わってふざけていたのかな…



そんなこんなで何とか終わりました。

イベント盛りだくさんな年長もあともう少しです。

【就学関係】就学前検診 6 (結果)

12月某日。

結果を聞きに行って来ました。

発達検査の結果はさもありなんと言ったところ。

やはり
知らない場所
知らない先生との検査だったのか
実力不足なのか
平均12、13点ほど落ちていました。

ウィスクと比べるとかなり低かった。

親的にはあー…という感じ。

それでもぎりぎり知的に問題はなく、

ジャンルによって凸凹が目立つということで

『情緒級』をすすめられました。

いわゆる『通級』です。

パパも私も
教育委員会が出した結論に従うと決めていたので

そのまま『情緒級』でお願いすることにしました。

さて。

情緒級は予想していなかったので

意外や意外…

『知的遅れがない』『発達検査が凸凹』

『空気が読めない』とか『不器用』『過敏』などなど。

これから情報集めをするとともに

就学前に備えることにします。

ブログでは
兄と弟の特性と、
それに対する支援方法などを掘り下げて書いていきたいと思います。