読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【療育】双子が療育に通うまで2

療育

療育に通うまで のお話です。

※双子が療育に通うまでその1※の続きです。



周辺にあった療育施設は3つ。

最初にいちばん近いN市の施設に見学予約を入れました。

思えば電話した時からここは合わなかった(><)

まず通える条件として言われたのが、
『コップ飲みができること』
(もちろんできていなかったし(笑)出来るようになったのは3歳過ぎてから(苦笑))

『双子なのでどちらかを預けて通園するか、パパやおばちゃんもいっしょに参加して1対1で双子たちにつかなければならない』
ということ( ̄○ ̄;)

こりゃもう通うな!って最初から言っているようなものでしたねf^_^;

見学はパパと一緒に行きました。

朝の会→リトミック→手遊びのような感じで(もう全然覚えていない(笑))
二人とも席に全く座らず、
走り回っていたのを覚えています(・・;)
無理矢理席に座らせるとギャン泣きして他の子に迷惑になったみたい。
他のママさんや先生たちからは冷たい視線が(;;)

見学が終わって先生から言われたのが、
『1歳で通っている子は誰もいないし、日常生活もきちんとできていないからまずは家で生活レベルをあげて下さい。
二人とも療育を受けさせるレベルですらないです。』
と。
断られました。
後で考えてみたら、すっごい失礼ですよねf^_^;

きちんとできていたら療育に見学しに行かないよ。

ここの見学の後、
『他の療育もこんな感じで見学に行っても断られるのかも。』
…と意気消沈してしまいました。
パパに至っては怒り心頭f^_^;

2歳になるまで自分から動こうとはしませんでした。

続きます