読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【療育】作業療法2

療育

作業療法の続きです。

木村先生からいただいたアドバイス。

子供にとっての言葉の発達を遅らせてしまう逆効果な言葉→

否定語『ちがう!』とか

禁止語『だめ!』とか

命令語『~しなさい!』とか

感情語『いや~!』とか(笑)

なるべく使わないほうがよいとされています。

うちは…全部使ってる(笑)

改善策→

客観的に言ってみる。

『ママは○○されるのいやだな~』

『○○でしょ』→を『○○だね』に

他人と比べない←比べまくってる(笑)

モデリング

子供の言葉を繰り返して言う

エクスパンジョン

言葉を広げてあげる→『ぶーぶー来た』→『赤い車が来たねー』など



兄弟ケンカ→やらせておいたらええやん(先生)
一言で片付けられたー(笑)

ママが品行方正に育てたいと思っている→
うちの双子たちの不幸らしい(笑)
もっとぶっ飛んでていいみたいだけど、まあママは至って普通ですから(^^;)


まぁとにかくいい先生に委ねること!
って言われましたね。

そうなんですよね。

例え障害があろうがなかろうが、
その子が幸せかどうかはその子自身が決めることなんですよ。

親がやきもきしていても子供はけろっとしていたりして(笑)

どんな先生、友達、に影響を受けるか…なのだと思います。

それもその子自身の運にかかっているし、親はどうすることもできません(´д`|||)