読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【うちの双子】運動会3

うちの双子

運動会2の続きです。

雨で中止となった運動会のあと、

残った種目を次の週の平日にやることに。

その日はちょうど3人目の心拍確認のため病院へ行くことになっていたのですが、

出血もあったので、
予定を早めて前日に病院へ行くことになり
なんとか運動会を見に行くことができました。

年中さんはリレーだけでした。

朝からのポツポツ雨と急に出てきたお日様で
園庭はすっかり蒸し暑くなりました。

そして
双子たちは、蒸し暑さのあまりぐでんぐでん(笑)

年少さんもおとなしく並んでいるというのに…

双子たちは先生にべったり(´д`|||)


リレーはなんとか走っていました。

他の子と比べてしまうと全然足元にも及ばないですが…Σ(ノд<)

トラックを一周、先生が付き添って、のろのろながら…

兄は途中でバトンを落としていました(|| ゜Д゜)

リレーは全員が参加しないといけないみたいで

まあのろのろな双子たちのせいで負けてしまったのは言うまでもありません…

ただ、逆方向へ走ったり逃げ出すことはしなかったのでそれは成長です!!


…それだけならあまり気にしなかったのですが…

リレー終了後、

双子たちと同じチームの子が負けて悔しくて泣き出してしまいました。

それを見て、
何だか居たたまれない気持ちになってしまいました。

その子の気持ち…よくわかります。

ただ、

負けた原因であるうちの双子たちも双子たちなりに頑張った。

他の子とはレベルが違ってかなり低いんです。

3月生まれでしかも発達が半年ほど遅いのです。

だから
その子が何故泣いているのかさえ
うちの双子たちにはわからないでしょう。

ここでその子に
私自身が「双子たちが遅くてごめんなさいね」
と謝るなら

「ならなんで?」

「発達が遅いのに幼稚園へ入れたの?」

「療育だけで良かったんじゃない?」

ってことになりますよね。


何が言いたいのかと言うと

遅い子も早い子も、

いろんな子がいて、

皆頑張ったね!!

ってことです。

キレイごとですけどね(苦笑)


これから
こういうこと増えて来るんだろうな(´・ω・`)

親が関与できるうちはまだいいのですが…

双子たちこれからが苦労しそうです…