ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【3人目】10週のこと 流産確定

台風が来ていたので予定の前の日に病院へ行きました。

結果は変わらず。

赤ちゃんは見えず。

5週程度で成長は止まったまま。

胎嚢の中に卵黄嚢だけが見えて。

稽留流産が確定し先生と相談して手術の予定を決めました。

この病院では1泊2日とのこと。

あらかじめパパと決めておいた日に予約が取れたのでよかったです。

木曜日に手術、金曜日に退院の予定となりました。

土日とこの週は月曜日も連休でパパがいるのでその間に回復できるといいなぁと…

そして頸管にあったポリープが気になると言ったら

「不正出血の原因はこれですね、放っておいても大丈夫ですが取りますか?」

と聞かれたのでお願いして取ってもらいました。

「えっ…先生におまかせします(ドキドキ)」

「これがね、痛くないんですよ」

一瞬焼けるような感じがして

「おわりましたよー」

そのあとけっこうな出血があって戸惑いましたがしばらくしたら落ち着きました。

あとで診療明細を見たらポリープは病理検査に回されていてびっくりしました。

心の準備が…

どうか良性でありますように…

ポリープ、
7月に健康診断で検査したときはあるって言われなかったのでこの短期間でできたってこと?

怖い(|| ゜Д゜)

医療費、処置もあったので1万円弱でした。



以下
先生とお話したことをまとめます。


まず、流産(掻爬)手術のリスクについて。

☆私自身が帝王切開を経験していて、
子宮後窟で子宮腺筋症、子宮筋腫があるので
手術が大変にならないかどうか

→多少のリスクはあるものの大して変わらないとのこと。
最悪子宮に穴が開いてしまうことがあるみたいだが、この病院では今までに一回もないとのこと。


☆帝王切開の時に麻酔が効かずに
手術中ずっと痛かったから麻酔が効くのか心配

→子宮収縮の痛みでしょう。
子宮収縮の痛みは麻酔の先生でも取ることができない。
未だに謎なんだそうです。
この病院では患者さんが辛い痛みを感じないようにわりとがっつり麻酔をするので心配ないでしょうとのこと。
でもね…やっぱり怖い…

怖い怖い言ってたら先生から
「双子ちゃんを出産されているのでそちらのほうがリスクが高いですし。まず心配はありません。」

と言われてしまいました( ;∀;)

確かに…

でも怖いものは怖いし痛いものは痛い‼



そして

今回残念なことに流産となったわけですが…

ほっとしたのも事実です。

40代。

健康な人でも妊娠する確率は5%

流産する確率は40%だそうです。

シビアです。

高齢出産だと生まれた子が障害を持っている可能性も高く

母体が妊娠中毒症になる可能性ももちろん

(今までが健康でもいきなりなりますからね。高血圧とか糖尿病とか)

経済的&肉体的に双子+3人目を育てていけるのかという不安。

産後の肥経ちが悪いだろうという不安。

ひとりの赤ちゃんを
普通に育ててみたいっていう気持ちはもちろんあります。

でも現実は厳しい。


これからの家族計画についても言われました。

避妊リングをいれますか?

とか…

双子を授かるまでは数年間妊娠すらできなかったのに。

そういう話が出て来るなんて、ホントに予想外で戸惑いまして…

「今はまだ考えられません。」

と答えるのが精一杯でした。