読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【療育】心理相談・普通級か支援級か

療育

1月に受けた発達検査のフィードバックとともに気になることを心理の先生に相談しましたのでそのことについて。

まず
「小学校を普通級か支援級かで悩んでいること」
について。

親は普通級を希望しています。

さらに小分けができるのであれば←ここ重要(笑)
「体育のみ支援級希望」で。

悩みどころとしては
1、2年生のうちは普通級でもそこそこ出来るかも知れないけれど、3、4年生になった時に周りの子達の成長についていけずに仲間外れになったり空気が読めずにバッシングされるのではないかということ。

例としては…
うちの子たちが運動会の全員参加(じゃないといいなー)のリレーなどで遅くてクラスの足を引っ張ってしまう子になるのはほとんど確実です。
しかもふにゃふにゃへらへらしているから本人たちは頑張っていても他の子どもたちからは頑張っているように見られません。
それで皆から言われます。
「ちゃんと真面目にやれよ」って。
本人たちなりには頑張っているのですが、周りの受け取り方が違うってところです。
そうなったら本人たちが辛いのは目に見えています。

心理の先生の意見として

まず
双子たちの「担任の先生とクラスメイトによる」ということ。
どんな先生か、どんなクラスメイトか、
によって…です。
二人の特性を理解してくれる先生ならば普通級でもまあまあ頑張れるのではということでした。

次に
本人たちが「皆がいる教室の中で勉強できる環境に出来るか」ということ。
これは「きちんと席に座り、先生のお話を聞けて勉強できるスタイルに持っていけるのか?」
ということ。
学校は勉強するのが主です。
まずはそこができないとね…

今現在では幼稚園で席には座っていられるようです。
ただ、課題をやるとなると?
先生の指示を聞けているのか謎ですし、双子たちはいちばん前の真ん中の席に座っていて先生からは近い位置で直接声をかけてもらい、さらに隣にはできる女の子たちがいる、というようにばっちり支援されています。

双子たち(特に兄)は、学校へあがってからも通常の授業は慣れてしまえば落ち着くのかと思います。
問題となるのはイベントごとです。運動会とか、学芸会とかの。
イレギュラーに弱いので…
この辺のことも考慮しつつ、教育委員会へ伝えることをまとめておきたいです。

最後に
「あと1年あるからね。」という先生のお言葉です。

これ…ハッとしましたが…

子どもの1年って本当にすごいスピードで成長しますよね。
大人の1年とは違います。
双子たち、
考えてみたら幼稚園は途中入園で去年の1月からだったのですよ。
まだ幼稚園へ通ってからやっと1年です。
去年の今ごろは入ったばかりで落ち着きがなく、電気のスイッチにこだわるわ、二人でとっくみあいの大喧嘩はするわ、よく転んでケガはするわ…
とにかく大変だったみたいで(年少さんの先生本当にすみません‼)それと比べたら今はどうなの…?
という話です。
まだまだ年中の今ばっちり支援してもらっているけれど、うちのグレーな双子を含む30人近い園児たちを先生一人で見ているわけですよ。
(先生本当にありがとうございます‼)
なんとか見れているってことですよ。
先生の腕がいいのもラッキーなのでしょうが。

年中になってから6月頃にセンターでの視察があり幼稚園での双子たちの日常を見てもらいました。
席にも座っているし、集団生活もそこそこやっていたとのことでだいぶビックリしたのを覚えています。

ひとつ問題となるのが定型のお友達との関わり方ですが、これはまた後日書きます。

まだまだ発展途上ということですね(゜▽゜*)