読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【うちの双子】兄の悩み

それは、買い物中に突然の会話から始まりました。

兄のひとりごと?つぶやき。

兄「幼稚園のお友達、
☆(年少)組の時には一緒に遊んでくれたのに
◎(年中)組になったら遊んでくれない。
俺とは誰も遊んでくれない。
俺にはお友達がいない。」

母「…どうしてお友達が遊んでくれないと思う?」

兄「俺が言うこときかないから」

母「どうしたら遊んでくれると思う?」

兄「言うこときけば遊んでくれる」


こんな感じの会話内容でした。

ちょっとびっくりです(苦笑)

お友達とか正直どうでもよくて、
自分さえよければひとりでも多人数でもなんでもいい!!
というスタイルの兄でしたがこんなことを言うなんて。

さらに兄の言い分だと
『双子弟のほうにはたくさんお友達がいるのに自分とは誰も遊んでくれない』
ということでした。

とりあえず、フォローとして

お友達に「一緒に遊ぼう」と声をかけてみてダメだったら「ひとりで遊んでもいいんじゃない?」
「ひとりで遊んでも楽しいことはたくさんある(ブランコや滑り台とか)。」
「弟と遊んでもいいし。」
「時と場合で違うんだよ」

など言いましたが……
理解できて……ないよね(苦笑)

終着点のないやりきれなさがありましたが、

会話をしていた買い物途中に
バス停が同じで同学年の女の子がいて(偶然)声をかけてもらいました。
その子に「⚫⚫くん!」と言われた瞬間、明るい顔になり吹っ切れたみたいです(笑)

人間関係って難しいよ。

大人になってもね。

どんどん悩んで自分なりの答えがみつかるといいね。

幼稚園でのお友達は大人になったらあんまり覚えていないかも知れないけど、

これを経験にして成長してくれますように。