ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【うちの双子】個人面談

先日、GW明けの5月の前半…

幼稚園で個人面談がありました。

ちょうどこの週は晴れが多かったのに双子たちの面談の日は小雨。

双子たちには長靴+レインコート+傘を装備、

自宅から幼稚園までの20分ほどをしっかり歩いてもらいました。

文句も言わず、
ひとりで閉じられなかった傘もいつの間にか閉じられるようになっていました。


面談はひとり15分なので二人で30分。

他のママさんたちは『話すことなくて困るよねー』

と言ってますが(うらやましい……)

うちはたくさんありますよー(;´∀`)

むしろ30分でも足りないくらい。

……なので

事前に聞くことを考えておいて

効率的にお話できたらいいなーと思っていました。


まずひとつめ。

聞いたのは双子たちの問題点について。

来年の就学に向けて、
集団生活の中での問題点を把握しておきたいので。

幼稚園生活で困っていること(先生の目線で)、

本人たちにどれくらいの支援をしているのかなど。


問題点はやはりこだわりが強いことがあがりました。

例えば、

皆で手洗いうがいをする時に
自分が気に入った決まった蛇口しか使わないこと。

空いている蛇口を使えばいいのに
自分が気に入ったところの蛇口を使っているお友達がいると、
空くまでずっと後ろで待っているそうです。

そのため、
活動などで時間が迫っている時にそういう行動があると
双子たちだけ間に合わなかったりとか。

他には
皆で大作(パネルボードや大きな作成物)を作る時に飽きてしまって集中できないことなど。

ただ、ついていけないのはありますが
制作などでわからないところや手伝ってほしいところは先生に伝えることができ、
先生が『待っていてね』と言ったら待つこともできるそうです。

他には運動会のこと
(組体操やダンスがあって双子たちは苦手なのです)で支援が必要なためどのようにするかなど。

お友達との関わり(なかなかお友達の輪に入れない)
など。

やっぱりこう考えるとグレーだわ(;´∀`)

長々とお話が終わったあと
またレインコートを着て傘をさして帰りました。

ちょうど同じ支援センターへ通う年中さんのYくんも出て来たところでした。

やっぱり最後にしてもらったほうが
たくさん話せますねー(*´∀`)