ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【療育】ソーシャルスキルトレーニング

ソーシャルスキル

(いわゆるマナーとか世渡り術、処世術みたいなのだと勝手に思っています)

うちの双子たちにもっとも足りないもの…

『空気が読めない』

『その場に合わない発言をしてしまう』

『考える力がないから人の気持ちがわからない』

↑こういった感じの子たちなので…

どうトレーニングするかが重要。

以前にも紹介しました木村順先生の本

この本の『シナリオクイズ』というのが参考になります。

他の子の例でやるよりも
実際に自分自身に起こったトラブル(困った)事例について
『どう対応したら良かったのか』を
『親とともに考える』→『次に生かす』
ということです。

発達障害やグレーの子は考える力が不足しているので

人の気持ちがわかりづらい。

なので、

人とのつきあい方やその場の発言のサンプルを

『選択方式』にする。

そして『本人に選ばせる』ことにより

『耐性』をつけていくというもの。


例えばこんな感じ。

うちの兄の場合を書いてみます。

Nくん(兄のことです)は児童館へ来てひとりで楽しくピアノをひいていました。
そこへ知らない子がやって来て
『ぼくもピアノが弾きたいな、貸して』
と言ってきました。
さて、Nくんはどんな対応をしたでしょうか?


①無視していつまでもピアノを弾きつづけた

②『僕も弾きたいから順番に弾いてもいい?』とお友達に聞いた

③『どうぞ』とお友達に譲った



①は、いつもやっているだろう(良くない)本人の行動

②は、親が期待する答え(模範解答)

③は、ニュートラル(そこそこ、でも間違いではない)な答え


こういったクイズ方式を(その子に合わせて簡単に簡潔に)

本人が落ち着いている時に一緒にやってみる。

うちの子たちは幼稚園であった困ったことを断片的に教えてくれるので

それを汲み取って再現化し、

だいたいこんなことがあったのかなーと、

じゃ、こういった困ったことがあった時にはどうするのが良かったの?

って考えてよりよい答えを見つけて次に生かしていくことだと思います。