ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【就学関係】就学前検診 4(再検査つづき)

就学前検診に引っかかった双子たち。

先々週は弟、
そして今週は兄の発達検査。

兄も弟と同様に、
支援級の先生に検査をしていただきました。

怒ったり騒いだりはせずに苦手な問題も頑張っていた様子。

結果は11月末、
教育委員会のほうでも会議にかけてから『この子はどこに在籍するのがよいか』という適正を判断して
そのあとに親に通知し、最終決定をするというわけです。

先生の確保などの問題もあるため
できれば12月中には決めてほしいそうな。



ちょうど最近、
同じ療育へ通っているRくんのママさんとお茶しまして、
同じ学年のRくんも発達検査に引っかかったそうです。
Rくんのママは
『検査に引っかからなかったらそのまま普通級に入れちゃう』って言っていました。

Rくんの発達検査はWISKで、
結果はグレーゾーンだったそうです。

Rくんの場合は積み木やパズルが得意で、
視覚優位な感じ。

どちらかと言うとうちの双子たちとは反対。
日常生活は普通級で、
お勉強のほうを支援級にしたらと言われたそうな。

Rくんみたいに、お勉強を通級にしたほうが
いいよなー、

『おれ、勉強苦手だから』

って言えばいいんだもんね。

ちょっと羨ましかったりして………

うちの双子たちはWISKは90点くらい取れるけど

日常生活がまだまだ幼いから赤ちゃん臭さが抜けきらないというか…

ただワーキングメモリだけが高いだけで

処理速度はあまり速くないから能力生かし切れないし

これからの底上げ次第と言った感じなのかなぁと思います…