ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【就学関係】就学前検診 5 (学校見学)

11月某日。

普通級、支援級と情緒級の見学と

教頭先生との面談をしてきました。


普通級は1年生のクラス、

支援級は知的クラス、情緒のクラス。

それぞれに5分くらいずつです。

本人たちも連れて行ったので飽きないようにしてくださったみたいで。

ちょうど1年生は体育、道徳をやっていました。

詳しくは言えませんが
結構難しいことやってるなーって印象です。


知的クラスには先生が3人、

子供たちが15人ほど?

手紙の出し方をお勉強していました。

難しい…けどそういう知識も必要だな、と。


情緒クラスでは先生が1人、

それぞれ国語や算数のプリントをやっていました。

居た子供は5人。

在籍人数はもっと多いみたいですが

他のクラスへ行ったりしていたみたいです。

少人数で落ち着いて出来る感じ。

先生もすぐ近くにいるので

普通よりは詳しく教わることができそうです。



そして

トイレもついでにさせてもらいました。

二人ともトイレはかなり不安みたいで…

ひとりで出来るんだけど

ほかに誰かがいないと怖くて出来ないという…

個室トイレも
ドアを開けっ放しじゃないと怖くて出来ないって言いますし(´д`|||)



さらに

グラウンドへ出て、広い校庭を見学、

校庭奥にあった小さい山にも登り、

途中に転んで、泣いて………

教頭先生は

泣いた時の立直りまでの対応も見ていた感じ。



そのあと別室で面談。

その間
二人とも先生から貸してもらったペンと紙に落書き。

好きなことをしている時には落ち着いているようでして、
ずっと座っていられました。

支援してもらいたいことを中心にお話しました。


予想外のことが苦手なので

入学式の前の日にリハーサルをしてもいいですよ、

と言っていただきました。

どこから歩いて来るのか、

自分の席はどこで、

何時~何時くらいまでで、

など詳しくやってくださるそうな。

これは絶対行かせたいです。


支援級のことは学校によってかなり違うみたいですが

うちの小学校は閉鎖感はなさそう。

二人とも学校が気に入ったようでした。


ただ……

遠いんだよね、

子供の足で40分。

それだけが問題です・・・