ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【就学関係】就学前検診 6 (結果)

12月某日。

結果を聞きに行って来ました。

発達検査の結果はさもありなんと言ったところ。

やはり
知らない場所
知らない先生との検査だったのか
実力不足なのか
平均12、13点ほど落ちていました。

ウィスクと比べるとかなり低かった。

親的にはあー…という感じ。

それでもぎりぎり知的に問題はなく、

ジャンルによって凸凹が目立つということで

『情緒級』をすすめられました。

いわゆる『通級』です。

パパも私も
教育委員会が出した結論に従うと決めていたので

そのまま『情緒級』でお願いすることにしました。

さて。

情緒級は予想していなかったので

意外や意外…

『知的遅れがない』『発達検査が凸凹』

『空気が読めない』とか『不器用』『過敏』などなど。

これから情報集めをするとともに

就学前に備えることにします。

ブログでは
兄と弟の特性と、
それに対する支援方法などを掘り下げて書いていきたいと思います。