ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【療育】2018年3月 その3

3月の療育、

長くなりそうなのでわけて書いています。


今回は誕生日会と卒園式のこと。


まずは誕生日会。

言語療法だけは通っていたものの

日替わり療育は久しぶりでした。

知らない子、知らないママさんが増えていました。

ま、うちの子たちは
幼稚園メインだったので仕方ないんだけどね。

誕生日会は

カレー作り→
先生たちの劇を見る→
カレーを食べる

というのが基本。

お弁当も用意しなくていいから楽ですね。

二人が成長したなぁって思ったのは

落ち着いて席に座っていられたこと。

そりゃ先生の話を聞くのには集中していないですよ(笑)

でも座っていられた。

今まで小さい子が立ち歩くとつられていましたが、

それもなかった。

成長が感じられた療育でした。


誕生日会で

6歳になる双子の最近の様子を聞かれまして、

自転車に乗れるようになったこと

ひらがなを書けるようになったこと

マリオカートやアプリにハマっていること

などを言いました。

2歳になってすぐに発達支援センターへ入った時のことを思うと

懐かしくもあり

あっという間だったような長かったような…

2歳はじめは歯もろくにはえていなかったし

赤ちゃん用の食事エプロンと離乳食を持参して

先生に食べさせてもらっていたこと

トイレトレーニングに苦戦したこと

過敏すぎて
ボールプールや紙吹雪を怖がって逃げ回っていたこと

療育へ行く前と帰ってから一時間近く泣き続けていたこと

いろいろ思い出しました。

それでも頑張って来れた二人。

偉かったです。


そして卒園式。


卒園式の日は、いい天気で

幼稚園と違って時間も短く楽しい卒園式でした。

楽器の演奏やミニ劇場があって。

人数も少なかったし。

先生たちからは

『お母さん頑張り過ぎないでね』

を連呼されました。

……そんなに?

ちなみに、幼稚園の制服かスーツで、

ということでしたが

幼稚園の制服はボタンが取れていて良く見るとぼろぼろだったので

七五三で着た、入学式にも着るスーツを着ました。

120で大きいかなーとも思いましたが

ちょうど良かったです。

f:id:kana2twins:20180331204258p:plain

何だか、

幼稚園の卒園式よりも泣きそうになってしまいました。

先生たちと会えないと思うと寂しくもあり……

でもここからが本当のスタートなんだなと

気が引き締まりました。

先生方本当にありがとうございました。