ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【工夫&ヒント&療育へのつぶやき】小学校でのこまごました困りごと

小学校へあがってから

できないこと、

色々あって

困っています。


『お箸が使えない』

『名札がつけられない』

『ランドセルがうまく閉められない』

『衣類の調節ができない』

『お友達ができない』


ざっと見ただけでこれだけ。




ひとつづつ見ていきまして、

解決策と工夫を。

『お箸が使えない』→

給食がお箸しか出ないため。
スプーンを持って行っていいことにしてもらったのでひとまず安心。お箸は家で練習中。

『名札がつけられない』→

防犯のため、学校で名札をつけなければならないそうです。
自分で←ここポイント!
今現在、
名札の安全ピンを外すことはできるが針をもとに戻せない。
なので、
名札クリップを文房具屋さんで買ってきてクリップをつける練習を数日間繰り返した。
結果、
名札クリップならば自分でつけられるようになった。(精度は落ちます)
安全ピンはもう少し成長したらまた練習することにする。

『ランドセルがうまく閉められない』→

なんで?
今のランドセルって性能が良くて子供でも簡単に閉められるんですけどね……
不器用過ぎるから?……
連絡袋のケースが大きいので、それがうまく入らないと閉まらないみたいで。
連絡袋をピッタリ入れるか一番上を少し折らないと入らないみたい。これを練習しつつある状態。
どうしても出来ない時は
先生に『手伝ってください』と頼むことにする。

『衣類の調節ができない』→

朝は寒い、昼は暑い。
これが一番困る。
4月現在、半袖Tシャツの上に長袖の薄手ジャケットかパーカーを羽織らせて学校へ行っている。
朝は寒いかと思いきや、
ランドセルを背負って40分以上も歩くので意外に暑くなる。
帰りにパーカーを脱いで半袖で帰って来れたらもう◎なんだけど、
着たら着たままそのままで(苦笑)
汗かいているのにパーカー着てるし。
同級生の女の子たちは衣類の調節が出来ているのにうちは全く出来ていない。
ママはその日の最低&最高気温と毎日にらめっこ。

出来るようになったとしても……
暑くなって脱いだら今度は脱いだ上着を忘れてきそう。
(問題は次々に出て来ますね)


『お友達が出来ない』→

こればっかりは仕方ない…
特に兄。
グレーの癖にプライドだけはいっちょまえだから困りもの。
かと言って、知的クラスにいたら大威張りなんだろうかと。
だから普通クラスで兄の自尊心が傷つかない程度に
普通の子たちからいい刺激をもらえたらいいんだけど。
これはあくまで親の希望。

解決策にはならないけど、
とりあえずクラスの出席番号とひらがな名前の表をうちに貼っておきました。
兄が見るかわからないけど、番号と名前を覚えるのが好きだからね。名前を覚えるのがお友達になれる第一歩ということで。
スモールステップ。

まあ友達は出来なくても、
お一人様で楽しめることを見つけられたらそれでいい。

話が横に逸れますが、
お友達ができない上に学校生活のことでいっぱいいっぱいになっている兄(かわいそう…)です。
下校途中に同級生の女の子たちからは相手にされず
大好きな特撮の歌を歌いながら帰ってくる、
帰って来てから日めくりカレンダーをずっといじっている、
夜中うなされている、
こんな感じです。
こんな小さな体で精一杯受け止めて
我慢しているんだなぁと感じました。


ママの二人に対する厳しい態度を改めなきゃなーと思いました。
うちにいる時くらいはあまあまにしてあげたいのについつい厳しくしてしまう。

こちらも反省ですね。