ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【小学1年生】個人面談

うちの学校は夏休み中に個人面談があります。


酷暑の中の個人面談でした…(´д`|||)

学校にエアコンがあるのが救いです。


ちょうど個人面談の日はパパがお仕事なので

車はなし。

3人で歩いて行きました。


40℃近い中、30分強、

水分補給しながら…

よく行ったと思います…



先生からは『相変わらず汗っかきだねー』

と言われまして(苦笑)。

いやいや、30分も歩いたらこうなるでしょ。


個人面談の内容です。


まず学校生活について。

担任の先生も情緒級の先生も、

「とりあえずはふたりともいいスタートができましたね。」

ってことと、


「落ち着きはないけど、何とかやっています。

心配していた授業妨害(質問攻めにするなど)もなく、

思ったより慎重で、

逆に先生やみんなの行動を一通り見ないとやらないです。」

また、

「集団での指示が入りづらくて、

わからないことがあるとすぐに聞いてきます。

図工などの制作のやり方がわからなくて

お友達や先生に助けを求めます。」

とのことです。


なるほど、

意外にビビりだからね。

そして、

言葉で説明されても考える力が弱いので

想像できないから

先生の言っている意味がわからないんだと思います。



次にお友達関係。


弟はお友達が何人かいるようですが、

兄にはいなくて

(自称『俺には友達がいない。』)

(先生によるとそうでもないらしいのですが…?)

そのことについても…

これからですね…

とのことです。



先生方が心配されているのは

9月の運動会のことです。

『兄弟で紅白分けちゃいますがいいですか』

ってことと

『他より遅れてしまうことは多めに見てくださいね』

ってことでした。

これは想定内なので、幼稚園とだいたい一緒かな。



最後にお勉強のこと。

二人とも何とかついていけています。

今のところは(笑)

二学期になると繰り上がりの足し算や

漢字が出てくるので

心が折れないといいなーって。



それから登校班のことも相談しました。

長くなるので、

これについてはまた後日書こうと思います。