ぎりぎりです(´・ω・`)

色々残念な双子母のつぶやきです。

【小学1年生】富士山へ行くことになりまして 4

富士山から帰ってきて1週間が経ちました。

相変わらずな双子たちですが(笑)


言語療法の先生によると

『一皮むけて帰ってくる』

ということでした…

うーん。

帰ってきてから感じたのは

弟の受け答えが(ちょっぴり)しっかりした?

ってことと、

反面、反抗することも増えました(笑)

これも成長の一環?


兄は相変わらずな感じです。

二人のサポーターのお兄さんから

二人の様子を聞きました。


兄と弟、

部屋が別々、

チームが違うので行動も別々、

たまにお風呂や食事で会う程度だったそうです。


兄はサポーターのお兄さんと二人部屋だったそうで。

部屋はホテルのツインみたいな感じだそうです。

兄は、初日に寂しくてひとりで寝られず

お兄さんと一緒に寝たとか(笑)

「大変でしたね」と言うと

「可愛かったです」とお兄さん(笑)

2日目からは手を握って側にいたらすぐ寝たそうです。

優しいね、お兄さん…

ありがたいです。

まだ1年生ですしね。

可愛がってもらえて何よりです。


一方弟は四人部屋。

甘ったれの弟は

サポーターのお兄さんがちょっぴり厳しかったようで(笑)

なんでもひとりでするように、

と言われていたみたいです。

うちへ帰って来てからもお風呂をひとりで頑張っていました。

そんなこんなで

1年生ながら頑張れた二人です。


今年で富士山合宿は最後らしいのですが

もしかしたらまた来年もあるかも?

というようなことを匂わせていたお兄さんたち……

どうなるの?


来年もあるなら「行きたい」

という双子たちです。